財団情報

理事長挨拶

理事長写真
公益財団法人北九州産業学術推進機構
理事長 松永 守央

地域振興の頭脳となるべき知的基盤を整備し、新産業の創出や地域産業の高度化そして人材育成を図る狙いで、平成13年(2001年)に北九州学術研究都市(学研都市)が誕生しました。公益財団法人北九州産業学術推進機構(FAIS<フェイス>)も、地域の大学・研究機関と産業界の連携の支援機関として同時に創設されました。

現在、学研都市には、北九州市立大学国際環境工学部・大学院国際環境工学研究科、九州工業大学大学院生命体工学研究科、早稲田大学大学院情報生産システム研究科、福岡大学大学院工学研究科の1学部4大学院、その他14の研究機関や45社ほどの企業等が集積しています。開設時には約300人だった学生数は、現在約2,400人となり、そのうち留学生は約620人と、まさにアジアを中心とした各国からの頭脳が集まるキャンパスとなっています。また、大学教員・企業の研究者等を含めると、約3,400名の人々が、教育・研究活動等を行っています。

FAISは、この学研都市のキャンパスの一体的運営や学研都市進出大学等の研究シーズと地域企業などのニーズをつなぐコーディネート活動をはじめ、産学連携による研究開発への助成、研究成果の事業化支援などに取り組んでいます。さらに、文部科学省や経済産業省等の事業を活用した研究開発プロジェクトや人材育成プロジェクトも数多く実施しており、学研都市における国等の外部資金の獲得額は、平成28年度には約17億円と学研都市開設時の平成13年度の約4倍に達しています。また、「アジアに開かれた学術研究拠点」を目指し、アジアを中心とした海外大学・研究機関やサイエンスパークと交流協定を締結し、大学等との共同研究活動に対する支援も行っています。今後も、さらに、アジア各国の大学等とのネットワークを構築し、共同研究はもとより、人材育成や事業化支援、研究開発機関の集積等、総合的に取り組むこととしています。

IoTや人工知能(AI)などの急速な発展を背景に、急激に変化し始めている産業構造や低炭素社会の構築、昨今の大規模な自然災害を契機としたエネルギー・環境問題等に対応していくため、知を活用した産業・学術の振興が一層重要になっていきます。なかでも、超低炭素社会の構築は、これまでの技術開発の延長線上だけで実現されるものではなく、社会の仕組みを抜本的に革新することで初めて実現に近づくものと考えています。北九州学術研究都市およびFAISは、豊かな超低炭素社会の実現に向けチャレンジし、今後とも不断の努力を続けて参ります。