※最新(7月19日) ①「ロボット編」の一部科目の開催日及び講師の確定
            ②「ロボットシステム導入ワークショップ」追加 等
              ※変更箇所に★印を表示

 北九州産業学術推進機構(FAIS)は、経済産業省の補助事業の採択を受け、中小企業の生産性向上を
図るため、ロボット、IoT、AIといった新技術導入をコーディネートする人材を育成するスクールを開講します。

【スクールの概要】・・・詳細はこちらをご覧ください。
  ①実施時期  平成29年8月3日(木)から約4か月間 20回程度
  ②対象者   中小企業の経営者・管理者・現場リーダー、製造業等のOB人材等
  ③内 容   生産性向上のための基礎編、IoT編、ロボット編など
  ④お申込み  受講申込書はこちらをご覧ください。
  ⑤締め切り  第一次締切:平成29年7月28日(金)
           ※ 上記締切後も申し込み可能な科目や回数を増やす科目もあります。

【スクールの特徴】
  ●新技術(ロボット、IoT、AI)の導入による効果的な指導を実践する人材に必要とされる
   「知識」「経験」等を習得していただき、中小企業が抱える生産性向上にかかる課題解決を
   サポートします。
  ●カリキュラムは、「基礎編」「IoT編」「ロボット編」等で構成し、各分野の第一線でご活躍
   される講師陣を予定しています。必要な講座を選択して受講することも可能です。
  ●受講修了者のうち、ご希望される方は、FAISが運営する生産性向上のための支援ネット
   ワークに登録いただき、中小企業等からの相談に応じ、課題解決に向けたコーディネート
   活動(専門家派遣)に従事していただく予定です。

※FAISは、今後、北九州市や北九州商工会議所、九州ヒューマンメディア創造センター等の
 支援機関とともに、中小企業の生産性向上に向けた様々な支援事業に取り組む予定です。

【お問合せ先】
  公益財団法人 北九州産業学術推進機構(FAIS)
   産学連携統括センター   担当:熊高、白橋、吉武
   TEL(093)695-3006 / FAX(093)695-3018

□■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■

               スクールの詳細 

□■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■

【基礎編】

No.

開催日時

科目

内容

形式

講師

開催場所

定員

1

8月3日(木)

10:00~12:00

国の施策とロボット・IoT導入動向

現在のロボットを取り巻く環境と、ロボットシステム導入に関する国の施策についてご説明致します。 また併せて、最新のIoTツールを利用したデータ活用についても、実例を交えてご紹介致します。

セミナー

ミツイワ株式会社
マーケティング本部
自動化ソリューション推進部
部長
泉 貴史

AIM
311,312

50名

13:00~16:00

ロボットシステム導入基礎講座

ロボットシステム導入に際し、顧客要件が曖昧で後から食い違いが発生し、変更・追加改修が発生したことはありませんか?このような手戻りを最小限に抑える為の、顧客を巻き込んだロボットシステム導入手法をご紹介致します。

セミナー

ミツイワ株式会社
マーケティング本部
自動化ソリューション推進部
マネージャー
深瀬 哲也

2

8月16日(水)
~17日(木)

10:00~16:00

職場改善の基本
(5SとIE)

5Sは会社経営と現場改善の土台です。初日に5Sの核である3S(整理・整頓・清掃)を学んでいただきます。2日目に現場改善の技法であるIE(作業研究)の基礎と実践方法をグループ演習を交えて進めて参ります。IEはロボット導入に欠かせない技法です。是非、この機会にIEを知り、実践できるIEマンになってください。

セミナー

株式会社実践マネジメント研究所
代表取締役
植條英典

AIM
311,312

50名

3

8月21日(月)

10:00~16:00

生産管理と従業員の
意欲向上講座

当講座では生産管理の概要と『生産計画の立て方』『手配管理によるムダ取り』『進捗管理による遅れ対策』の実践ポイントを学んでいただきます。目的は納期厳守と生産期間の短縮です。午後から「従業員のやる気づくり」について、いくつかの事例を紹介しながら『動機付け』の考え方と方法を説明します。

セミナー

株式会社実践マネジメント研究所
代表取締役
植條英典

AIM
311,312

50名

4

8月25日(金)

14:00~17:00

AI・IoTを活用した生産性向上とビジネスモデル

AI・IoT・ロボットによる産業構造や雇用へのインパクトなどを踏まえ、企業の生産性向上やビジネスモデルについて解説致します。

セミナー

国際大学GLOCOM
客員研究員
林 雅之

AIM
302,303

50名

5

8月28日(月)

10:00~16:00

自社の生産性を向上しよう!講座(前半)

前編は、「生産性の定義と指標」を説明します。続いてDVDを鑑賞しながら『生産性を悪くしている問題点(改善点)の洗い出し』をグループ単位で行います。後編では引続き『改善案の検討』と『費用対効果の算出』についてグループ演習を中心に学んでいただきます。その上で「自社の生産性向上」の進め方について検討をしてもらいます。 

グループ討議

株式会社実践マネジメント研究所
代表取締役
植條英典

テクノ
センター

50名

9月1日(金)

自社の生産性を向上しよう!講座(後半)

グループ討議

6

9月27日(水)

10:00~12:00

働きやすい職場づくり(労働環境の改善)

働きやすい職場づくりは、そこで働く人々が持つ特性と職務および職場環境とのマッチングが重要です。本講義では、人の特性および職務、職場環境を理解し、これらのミスマッチを見つけ、是正する方法を学びます。

セミナー

産業医科大学 
産業生態科学研究所 准教授
泉 博之

AIM
311,312

50名

7

9月27日(水)

13:00~16:00

3Dものづくり入門講座

ものづくりにおける生産性や付加価値の向上ツールとして、今や3Dものづくり技術(CAD/CAM/PRINTER等)は大きな役割を果たしており、企業の競争力向上にとって益々その重要性は高まっています。本講座では3Dものづくり技術の基本的な機能や効果等について、具体的な事例を交えながら広く理解することができます。

セミナー

株式会社ストーンスープ
代表取締役 CEO
浦元 淳也

AIM
311,312

50名

□■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■

【IoT編】

No.

開催日時

科目

内容

形式

講師

開催場所

定員

1

9月7日(木)

10:00~16:00

ものづくりIoT現場革新セミナー

ものづくり現場へのIoT導入全般(製品のIoT化、工場のスマート化)について広く理解することができます。

セミナー

株式会社日本能率協会コンサルティング
生産コンサルティング本部 本部長
シニア・コンサルタント
石田 秀夫

FAIS

40名

2

9月13日(水)

10:00~18:30

IoTビジネスモデル構築ワークショップ(製品編)

ワークショップ形式で、自社製品のIoT化によるビジネス展開を検討する手法を学びます。

セミナー

PTCジャパン株式会社
ソリューション戦略企画室
ディレクター・フェロー
後藤 智

FAIS

25名

3

9月15日(金)

10:00~18:30

IoTビジネスモデル構築ワークショップ(工場編)

ワークショップ形式で、自社工場のIoT化によるスマート工場化の基本計画を検討する手法を学びます。

セミナー

PTCジャパン株式会社
ソリューション戦略企画室
ディレクター・フェロー
後藤 智

FAIS

25名

4

10月4日(水)

10:00~18:30

ワークショップ実施手法のスキルトランスファー研修

活発で実りあるワークショップをファシリテートするコツ(技術)を習得することができます。
  (但し、本科目の受講はIoT編No2またはNo3のワークショップの受講が必須)

セミナー

PTCジャパン株式会社
ソリューション戦略企画室
ディレクター・フェロー
後藤 智

FAIS

5名

5

10月11日(水)
~12日(木)

10:00~16:00

1万円以下でできるIoT(Raspberry Piで始めるIoT)

話題のRaspberry Piを用いたIoTシステム構築を体験し、ものづくり現場で利用可能なシステム (USBカメラを用いたデジタルメーター認識システムを予定)を持ち帰って頂きます。
  (但し、受講料とは別に教材費(1万円程度)が必要)

実習

FAIS
藤山 道男

FAIS

15名

□■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■

【ロボット編】

No.

開催日時

科目

内容

形式

講師

開催場所

定員

1

(1回目)
10月17日(火)

10:00-17:00

産業用ロボット
基礎講座

産業用ロボットの機構やその特徴、制御の構成や機能、ロボット言語、使用する上で知っておくべき安全規格等の基礎的な知識を習得します。実際にロボットを使用して操作方法、プログラミング方法を習得し、動作させることができるようになります。

実習

FAIS 
田中 雅人 
田崎 武俊 

FAIS

4名

(2回目)
12月5日(火)

4名

2

(1回目)
10月下旬(予定)

10:00-17:00

パラレルリンク
ロボット基礎講座

パラレルリンクロボットの機構やその特徴、教示方法等の基礎的な知識を習得します。パラレルリンクロボットやビジョンセンサを使用して、食品サンプルの搬送動作のプログラミング方法を習得し、動作させることができるようになります。

実習

外部講師(調整中)

FAIS

4名

(2回目)
12月中旬(予定)

4名

3

(1回目)
11月1日(水)

10:00-17:00

ビジョン応用講座

ビジョンセンサ(OMRON社製)の詳しい使い方を習得します。実際にビジョンセンサを使用して、形状・色の判別方法を習得し、産業用ロボットによる仕分け作業ができるようになります。

実習

オムロンフィールド
エンジニアリング
九州株式会社
佐藤 隆大 ★

FAIS

4名

(2回目)
12月20日(水)

4名

4

(1回目)
11月9日(木)

10:00-17:00

協働ロボット
体験講座

協働ロボットについて、安全性の考え方やリスクアセスメント等を学びます。また、実ロボットを使用して位置の直接教示方法やプログラミング方法を習得し、動作させることができるようになります。

実習

三明機工株式会社
技術部 部長
西村 祐二 

FAIS

4名

(2回目)
1月11日(木)

4名

5

(1回目)
11月14日(火)

10:00-17:00

ロボット
シミュレータ活用講座

ロボットシミュレータで何ができるのか、どの様に使えるのか、その利点は何かを習得します。動作プログラムを作成し、シミュレーションして確認した後、実ロボットでの動作確認まで、一連の使用方法が習得できます。

実習

FAIS
田中 雅人 
モートマンエンジニア
リング株式会社
杉原 康治 

FAIS

4名

(2回目)
1月18日(木)

4名

6

(1回目)
11月22日(水)

10:00-17:00

ロボット・IoT
連携体験講座

製造現場におけるIoTとはどのようなものなのか、何ができるのかを習得します。実際に、ロボットやセンサを使ったデータ収集方法やその効果を体験します。

実習

FAIS
柳 紳一郎 

FAIS

4名

(2回目)
1月24日(水)

4名

【ロボット編】の各科目は同じ内容で2回実施致します。選択される際にご注意下さい。

No.

開催日時

科目

内容

形式

講師

開催場所

定員

 

9月22日(金)

10:00~16:00

ロボットシステム
導入ワークショップ

ロボットシステム導入手法の基礎をご説明の上、ポイントとなる企画構想~仕様定義フェーズを中心にシステム導入のワークショップを行います。仮想商談を基に、顧客要求事項のヒアリングから具体的な要件のとりまとめ等を体験して頂きます。

実習

ミツイワ株式会社
部長 泉 貴史
       ほか

AIM
311,312

20名

□■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■

●受講料

<基礎編>

 

 

 

 

 ・一般(生産性向上に興味のある方)

1,000円/日

 

 ・学生(大学生、大学院生、専門学生)

無料

 

 

 

 

 

<IoT編、ロボット編等> ※専門的な内容となります

 

 

 ・中小企業者、公的機関職員

 

3,000円/日

 

 ・企業OB

 

(製造業等のOB人材で、スクール終了後、FAISからの協力依頼に応じて、生産性向上の指導者として従事できる方)

 

 

 ・その他

 

 

10,000円/日

※受講料は、受講当日に徴収いたします。
※IoT編・No.5「1万円以下でできるIoT(Raspberry Piで始めるIoT)」については、別途教材費がかかります。
※この事業は、「平成29年度スマートものづくり応援隊事業(経済産業省)」の補助を受けて実施しております。

 

 

□■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■

               講師プロフィール集     

□■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■

講師プロフィール 1 ●泉 貴史 氏

・1990年三岩商事株式会社(現、ミツイワ株式会社)入社。
・営業として中堅中小の製造業及び流通業を担当。
・2012年新規事業として自動化ビジネスを開始し、現在に至る。
・ロボットシステムの導入を通じて経済産業省等とのロボットシステム導入のあり方についての協議に主要メンバーとして参画。

戻る

□■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■

講師プロフィール 2 ●深瀬 哲也 氏

・1990年株式会社富士通京浜システムエンジニアリング(現、富士通株式会社)入社。
・システムエンジニアとして主に製造業及び、流通業のシステム導入を担当。
・2016年ミツイワ株式会社入社。それまでのシステム導入経験を活かし、FA技術者とともにロボットシステム導入手順(RIPS)を策定。

戻る

□■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■

 講師プロフィール 3 ●植條英典 氏

・1985年    中村技術士事務所に入所。
・2004年1月 実践マネジメント研究所設立、2016.2 に法人化、工場経営コンサルタントとして約340社を指導
・1994~ 各地の中小企業大学校にて生産管理講座、全国の商工会議所・商工会等でセミナー開講。
・公益財団法人京都産業21と京都府商工会連合会の登録専門員

戻る

□■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■

講師プロフィール 4 ●林 雅之 氏

・NTTコミュニケーションズ勤務(クラウド・エバンジェリスト)
・1995.4 日本電信電話株式会社入社
・1998.6 NTT MSC(マレーシア) にて日系法人営業担当
・2006.4 NTTコミュニケーションズ u-Japan推進部 にて政府案件担当
・2009.4 国際大学GLOOCM客員研究員
・2014.10 NTTコミュニケーションズ クラウド・エバンジェリスト
・2016.10 総務省 AIネットワーク社会推進会議 影響評価分科会 構成員
・著書 『スマートマシン 機械が考える時代(洋泉社)』 『イラスト図解式 この一冊で全部わかるクラウドの基本(SBクリエイティブ)』等多数

戻る

□■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■

講師プロフィール 5 ●泉 博之 氏

・1994年3月  室蘭工業大学大学院工学研究科物質工学専攻博士後期課程修了
・1994年4月  株式会社日本製鋼所室蘭製作所入社
・1998年9月  学校法人産業医科大学人間工学研究室助手に採用
・2006年1月  同准教授(現職)

戻る

□■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■

講師プロフィール 6 ●浦元淳也 氏

・1998年3月   明治大学理工学部精密工学科 卒業
・1998年4月   (株)インクス 入社
・2010年10月  (株)KMC 入社
・2012年12月  (株)ストーンスープ創設

戻る

□■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■

講師プロフィール 11 ●石田 秀夫 氏

・1991年3月  日本大学 生産工学部機械工学科卒業
・1991年4月  大手自動車メーカー入社
・2000年    日本能率協会コンサルティング(JMAC)入社
・2003年4月  チーフ・コンサルタント
・2014年4月  シニア・コンサルタント
・2017年4月  生産コンサルティング本部長 兼 生産エンジニアリング革新センター長

戻る

□■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■

講師プロフィール 12 ●後藤 智 氏

・1986年3月  武蔵工業大学 工学部 卒業
・1986年4月  鉄建建設株式会社 入社 建設工事に関する施工支援システムの開発
・1989年11月 プライムコンピュータジャパン株式会社 入社 CAD/PDMシステムに関する営業技術支援
・1998年1月  日本パラメトリックテクノロジー株式会社(現, PTCジャパン)に転籍 PLMシステムに関するビジネス戦略企画支援
・2007年9月  オーストラリアボンド大学大学院 経営学修士(MBA)取得
・2016年12月 経営工学国際会議(IEEM-IEEM 2016)にて、機械設計者のためのIoTに関する論文で 「論文奨励賞」を受賞
・2017年5月  日本経営工学会から「経営システム賞」を受賞

戻る

□■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■

講師プロフィール 13 ●藤山 道男

・1983年3月  九州工業大学 情報工学科修士課程修了
・1983年4月  東芝エンジニアリング株式会社入社
・1985年4月  東芝株式会社ソフトウェア研究所へ出向
・1990年7月  九州松下電器株式会社開発研究所入社
・2015年4月  パナソニック ソリューションテクノロジ株式会社出向
・2016年10月 現職

戻る

□■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■

講師プロフィール 21 ●田中雅人

・1974年3月  東京工業大学大学院機械物理工学専攻修士課程修了
・1974年4月  株式会社安川電機入社 基礎研究所(ロボット研究開発)
・1976.年4月  同 産業用ロボット1号機開発に従事(ソフトウェア開発担当)
・1985年2月  同 ロボット事業部(ロボット製品開発に従事)
・2006年4月  同 技術開発本部つくば研究所所長
・2015年4月  現職

戻る

□■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■

講師プロフィール 22 ●田崎武俊

・1970年3月  国立北九州工業高等専門学校 機械工学科卒業
・1970年4月  株式会社安川電機入社 安川電機ではロボットソフト開発、センサー応用開発等の開発に従事。以後、システム技術部や品質保証部を担当(産業用ロボット一筋)
・2013年6月  現職

戻る

□■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■

講師プロフィール 23 ●外部講師(調整中)

戻る

□■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■

講師プロフィール 24 ●佐藤 隆大 氏

・2015年 オムロンフェールドエンジニアリング九州(株)入社
・入社以降、技術(SE)として主にビジョンを用いたシステム導入を担当
 また、オムロン(株)ビジョンテストサポートの一員として毎週様々な顧客のサンプル品でビジョンテスティングを行い経験と積む。
 最近ではボトル検査システム等のビジョンを用いた大型システム導入の一員として活動している。

戻る

□■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■

講師プロフィール 25 ●西村 祐二 氏

・1993年 豊橋技術科学大学工学研究科修士課程修了
・2014年 日本認証セーフティーアセッサ資格取得
・2015年 三明機工株式会社入社
・2016年 開発担当部長 現職

戻る

□■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■

講師プロフィール 26 ●外部講師(調整中)

戻る

□■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■

講師プロフィール 27 ●柳 紳一郎

・1992年3月  九州大学大学院理学研究科数学専攻修士課程卒業
・1992年3月  株式会社安川電機入社 入社以来、NCソフト、半導体ウェハ搬送ロボットコントローラソフト、サービスロボットコントローラソフト開発やサポートに従事。以後、Industrie4.0やIoT等に対応したFAシステム の企画に従事。
・2016年1月 現職

戻る

□■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■

講師プロフィール 28 ●外部講師(調整中)

戻る

□■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■