事業内容

国家戦略特区の取り組み

介護ロボット等を活用した先進的介護の実証・実装

FAISでは、平成28年に国家戦略特区「介護ロボット等による先進的介護の実証・実装」に指定された北九州市の委託を 受け、介護ロボットの導入による作業効率化と介護の質の向上、介護従事者の負担軽減、介護ロボットの市場拡大などを目 的に「国家戦略特区ライン」を設けました。

介護ロボット等を活用した先進的介護の実証・実装

介護ロボット等導入・実証事業

介護従事者の負担軽減を目的とした介護ロボット等 の導入を進めるため、介護施設において、介護作業の 分析や介護ロボット等の導入、実証を行っています。

■介護作業の観察と分析

労働現場や労働災害に関する調査・分析に経験、実 績、知見のある学術機関等と共同で、介護施設におけ る介護職員等の作業を観察し分析を行いました。

■介護ロボットの導入と実証

作業観察・分析の結果を踏まえて、介護現場で有効なロボットを提案し、北九州市内の 施設で、ロボットの安全性や有効性の検証を行いました。

作業観察風景 作業観察ツール 実証風景
作業観察風景 作業観察ツール 実証風景

介護ロボット開発事業

介護現場のニーズに沿った実用的な技術開発と国家戦略特区事業効果の最大化に貢献す るため、「北九州市介護ロボット開発コンソーシアム」の運営を行い、介護従事者の負担軽減、 介護現場の効率化等に資するロボット関連技術の開発支援を行うとともに、北九州市特区事 業への参画企業(メーカー)が集積するための環境整備を図っています。

介護ロボット関連技術の開発

作業分析によって得られた分析結果と現場ニーズを踏まえ、介護作業の効率化、介護職員の負担軽減に役立つ介護ロ ボット等の開発・改良を行っています。

介護ロボット開発コンソーシアム

介護ロボットの開発・改良プロジェクトを企画し、開発に協力可能な会員を募集しています。会員に対して、介護ロボット の開発・改良に関する作業分析データの提供や実証フィールドの提供、安全性検証・倫理審査にかかるサポート、開発費補 助や試作・改良等の支援を行っています。
●平成29年4月現在:会員数 18社 4大学 1機関


続きを読む