展示会出展

2017国際ロボット展 サービスロボット 小間番号 SR-52 に出展します


【会期】2017年11月29日(水)~12月2日(土) 10:00~17:00
【会場】東京国際会議場(通称 東京ビッグサイト)(東京都江東区有明3-11-1)
【主催】一般社団法人日本ロボット工業会、日刊工業新聞社
【同時開催】2017部品供給装置展(主催:日本部品供給装置工業会、日刊工業新聞社)

サービスロボット 小間番号 SR-52 ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ 

2017年会場 小間配置図

【合同出展】公益財団法人北九州産業学術推進機構
     北九州ロボットフォーラム
     福岡県ロボット・システム産業振興会議
     ふくおか医療福祉関連機器開発・実証ネットワーク

【合同出展概要】
 公益財団法人北九州産業学術推進機構及び北九州ロボットフォーラム、並びに、福岡県ロボット・システム産業振興会議及びふくおか医療福祉関連機器開発・実証ネットワークと合同出展し、産学官連携の取り組みによって研究開発したロボットの紹介など予定しています。

【展示品】無人航空機(UAV)公共測量(株式会社国際海洋開発)

【展示品】橋脚等点検ドローン(新日本非破壊検査株式会社)

【展示品】配管検査ロボット「エルボマスター」 (新日本非破壊検査株式会社)

【展示品】配管検査ロボット「もぐりんこ」 (株式会社石川鉄工所)

【展示品】新幹線車両洗浄ロボット (八祥産業株式会社)

【展示品】自動でスポーツ競技のコートを製作するライン引きロボット(株式会社アダチスポーツ)

*

【展示品】無人航空機(UAV)公共測量(株式会社国際海洋開発

 地形環境の3次元地形モデルや植物活性度を計測するため、3次元レーザスキャナ・多波長カメラを小型マルチコプタに搭載可能とする多波長地形計測機器を開発しました。開発した機器を小型マルチコプタに搭載することで、地形の可視光だけでなく、赤外・赤色域からの計算による正規化差植生指数も3次元点群データに付加することができるようになりました。

* *

【展示品】橋脚等点検ドローン(新日本非破壊検査株式会社)

 現在、SIP「インフラ維持管理・更新・更新・マネジメント技術」として開発中のドローン技術を活用したインフラ点検ロボットを紹介します。橋梁の裏側など人が容易に近づけない部位へ、飛行機能により近づき、車輪を押し付けて走行しながら近接目視や打音検査などを人に代わって点検します。

* * *

【展示品】配管検査ロボット「エルボマスター」 (新日本非破壊検査株式会社

 エルボマスターは配管内の割れ・腐食・減肉などの配管内面の状態を検査するロボットで、配管の材質や形状によらず配管内を自由に走行することができます。また、カメラの画像で配管内を観察することができます。

* * * *

【展示品】配管検査ロボット「もぐりんこ」 (株式会社石川鉄工所

 下水道管渠スクリーニング検査(下水道管を走行し、管内の映像を録画する)を実施する低価格ロボットを紹介します。“ハイパーもぐりんこ”(平成21年)、“もぐりんこマックス”(平成24年)市場投入

* * * * *

【展示品】新幹線車両洗浄ロボット (八祥産業株式会社

 新幹線の車両側面に均一に泡洗浄剤を噴射する塗布ロボットとブラシ洗浄ロボットにより、車両の洗浄を行うシステムです。

* * * * * *

【展示品】自動でスポーツ競技のコートを製作するライン引きロボット(株式会社アダチスポーツ

仮)

 本ロボットは、自身の位置情報を取得するためのGPSおよび360°周囲の距離を計測可能なレーザーセンサーを搭載し、その情報をもとに独立ステアリング構造の車輪による自動走行ができる。また、実線および破線を引くために自動で白線用粉末を散布できる。さらに、事前にプログラムされているコート情報をもとに、従来の約3分の1の作業時間で自動ライン引きを実現します。


北九州学術研究都市フェア の出展は終了しました。

【会期】2017年10月11日(水)~13日(金) 10:00~17:00
【会場】西日本総合展示場新館(北九州市小倉北区浅野3-8-1)
【主催】公益財団法人北九州産業学術推進機構
【同時開催】 エコテクノ2017中小企業テクノフェアin九州2017エコ・ベンチャー・メッセ2017、       第12回KVICフェア

【ロボット技術センター 出展概要】
ロボット関連の研究開発・実用化支援活動及び産業用ロボット導入支援活動を紹介します。

【展示品】山林環境計測ロボット(国立大学法人九州工業大学 西田健研究室)

【展示品】スレート屋根補修ロボット(株式会社三和綜合土木)

【展示品】橋脚等点検ドローン(新日本非破壊検査株式会社)

【展示品】新幹線車両洗浄ロボット(八祥産業株式会社)

【展示品】産業用ロボット関連技術(産業用ロボット導入支援センター)

*

【展示品】山林環境計測ロボット(国立大学法人九州工業大学 西田健研究室)

 山林の3Dディジタル地図を自動生成する自律走行ロボットの研究成果を紹介します。

* *

【展示品】スレート屋根補修ロボット(株式会社三和綜合土木

 工場や倉庫などの老朽化したスレート屋根に自動で特殊樹脂を塗布するロボットを開発しました。スレートに含まれるアスベストの飛散を防止するとともに、樹脂の特性により屋根そのものを長寿命化させます。高所での危険な作業を人に代わって行うため、落下等の災害が無くなり、さらに出来形の安定と施工期間の短縮にも効果を上げました。

* * *

【展示品】橋脚等点検ドローン(新日本非破壊検査株式会社)

 現在、SIP「インフラ維持管理・更新・更新・マネジメント技術」として開発中のドローン技術を活用したインフラ点検ロボットを紹介します。橋梁の裏側など人が容易に近づけない部位へ、飛行機能により近づき、車輪を押し付けて走行しながら近接目視や打音検査などを人に代わって点検します。

* * * *

【展示品】新幹線車両洗浄ロボット(八祥産業株式会社)

 新幹線の車両側面に均一に泡洗浄剤を噴射する塗布ロボットとブラシ洗浄ロボットにより、車両の洗浄を行うシステムです。

* * * * *

【展示品】産業用ロボット関連技術(産業用ロボット導入支援センター)

* * * * * *

 産業用ロボット技術センターは、中小企業へのロボット導入を支援しています。
 本展示会では、センサーやITを活用したアプリケーションの事例を紹介します。