北九州市では2016年1月に国家戦略特区の指定を受け、介護ロボットの活用による、「先進的介護」の実証実装の取り組みを開始しています。課題としてあげられている、労働生産人口の減少による介護職員の不足、介護従事者の高い離職率を解決するため、介護ロボット導入による作業の効率化と介護の質の向上、介護従事者の身体的負担軽減、さらには介護ロボットの市場拡大などを目指しています。
 今回のサロンでは、北九州で起業されたリーフ(株)の歩行リハビリ支援ロボットTreeについて開発の経緯をお話しいただきます。次に、パーソナルケアロボットの国際安全規格ISO13482の認証取得について、日本品質保証機構(JQA)のサポート体制を説明していただきます。また、認証取得の事例としてRTワークス(株)のRT.1を例にとり認証のプロセスを紹介していただきます。

日 時:成29年1月20日(金) 【講演会】15:00~17:40 【交流会】17:40~19:00
場 所:九州学術研究都市 産学連携センター2階 研修室

内 容:
    開催挨拶(15:00~15:10)
    (公財)北九州産業学術推進機構 国家戦略特区担当
    介護ロボット技術グループ長 善甫 英治 氏

    講演1(15:10~15:50)
    「歩行リハビリ支援ツールTreeの開発事例
    リーフ株式会社 代表取締役社長 森 政男 氏

    講演2(15:50~16:30)
    「パーソナルケアロボット国際安全規格ISO13482とJQA評価・認証の活用
    (一財)日本品質保証機構(JQA) 認証制度開発普及室長 浅田 純男 氏

    ~休憩~

    講演3(16:40~17:20)
    「ロボットアシストウォーカーRT.1のISO13482認証取得事例紹介
    RT.ワークス株式会社 代表取締役社長 藤井 仁 氏

    講演4(17:20~17:40)
    「北九州市国家戦略特区について
    北九州市 産業経済局 新産業振興担当課長 柴田 泰平 氏

    交流会(17:40~19:00)
    参加費:1,000円 ※ひびきの会会員は無料。

  ※詳細はこちら