利用方法

利用料

ケミカルプロセス室 ¥5,100/h(9:00~17:30)
イエロールーム ¥2,400/h(9:00~17:30)
レイアウト設計室 ¥2,400/h(9:00~17:30)
組立測定室 ¥2,400/h(9:00~17:30)
マイクロプロセス室 ¥2,400/h(9:00~17:30)

※公共団体や大学等の営利を主たる目的としない使用の場合は半額

利用手順

利用問い合わせ
TEL 093-695-3600 または、
お問い合わせフォームからお問い合わせください。
利用相談
無料
当機関で対応可能な案件かを、専任技術スタッフが検討します。
当機関だけで対応が困難な場合でも、プラットフォーム各機関と連携して
対応できないかなどの可能性を含めて検討します。
装置予約
まずは、希望の日程・時間帯をいくつかご提示ください。
スタッフが、最適なスケジューリングを行い、あらためてご連絡します。
利用申込書提出
利用申込書をご提出していただきます。
安全講習
無料
初めてのご利用者は、クリーンルーム入室前の安全講習を
受けていただきます(30分程度)。
装置利用
有料
操作指導は無料
はじめのうちは技術スタッフ立会いのもと装置利用を行っていただきます。
ご利用者が自分で操作できるようになるまで、専任技術スタッフが操作指導を
行いますので、慣れないうちでも安心して実験が可能です。
自らオペレーション可能と判断された方は、装置仕様の範囲内でレシピ変更も
可能になるなど、自由度の高い装置利用が可能になります。
利用報告書提出
利用終了後は、利用報告書をご提出していただきます。
また、このご利用の成果によって、講演、論文発表、特許申請等した場合は、
その情報をご提供ください。

試行的利用事業

共用設備の利用料、旅費、その他利用に当たって必要となる消耗品等の経費が支援される制度があります。
応募要件は、①初めての利用者、②秀でた成果に繋がる、若手、女性の利用者、③共同研究型で実用化が期待される研究での利用者、です。

詳しくは、研究設備の試行的利用事業をご覧下さい。

※共同研究開発センターの利用によりなされた発明等についての知的財産権は、原則として利用者に帰属するものとします。但し、当該発明等が、利用者単独によるものでない場合には、別途、協議させていただきます。