安全・安心で快適な介護サービスを生みだすために

介護分野におけるICT活用イメージ

写真協力:社会福祉法人 年長者の里

安全・安心でかつ快適な介護サービスの実現を目的とした、ICTを利活用し介護現場の負担軽減と情報共有を行う「介護サービス提供記録システム(すま~とヘルパー)」の導入支援を介護事業者へ向け行っています。
「すま~とヘルパー」は、訪問介護先でタブレットから記録した介護データをリアルタイムにデータセンターに蓄積します。
データセンターを介して事業所との伝達・報告をスムーズに連携する事で訪問介護1件あたりの拘束時間を減らすとともに、タブレットには介護データが残らないため、重要な介護データを持って回る事がなくなり、ヘルパーは安心して直行直帰勤務をする事ができます。
またデータセンターに蓄積した介護データを活かしサービス提供後のレセプト業務やスケジュール調整など事務作業の負荷を軽減し、介護業務にゆとりを生み出すことで介護サービスの向上も図れます。
「すま~とヘルパー」は、各種展示会にも出展し、地域への展開や市内企業のビジネス拡大・参入の促進を進めています。

「すま~とヘルパー」導入効果

タブレットでスマートに介護記録を登録する画像

タブレットでスマートに介護記録を登録

ICTを利用した情報の共有化イメージ