ロボット技術開発拠点化の推進

ロボット研究開発支援

●ロボット関連プロジェクト支援
●市内発ロボット創生事業
●実証・事業化の支援
●ロボット産業マッチングフェアの開催
●国際ロボット展等への出展支援
●各種技術セミナーの開催
ロボット研究開発支援 ※北九州ロボットフォーラムの事務局として新ロボット開発を推進

産業用ロボット導入支援

●ロボット導入による生産性向上支援
●ものづくり人材育成講座の開催
●ものづくり企業への現場派遣
●各種助金の申請支援
●システムインテグレータとの連携推進
●ロボット導入につながる情報提供
産業用ロボット導入支援 ※産業用ロボット導入支援センターの名称のもとに、ロボット導入に関わる取り組み実施

【平成30年度の取り組み】

ロボット研究開発支援

人と協働する海岸清掃ロボット
ロボット開発支援事業(H29-30)

人と協働する海岸清掃ロボット

海岸清掃におけるごみ運搬を助ける目的で、人と協働して移動するごみ搬送ロボットの開発を支援。試作品は実際に海水浴場での清掃活動で使用し、人追従などの機能検証を実施。

山林環境計測ロボット

ロボット開発支援事業 (H29-30)

山林環境計測ロボット

山林における木々の伐採に先立ち木の本数や太さを見積もる目的で山林環境マップを作成するために、傾斜した林道や障害物等を回避しながら自律走行する移動ロボットの開発を支援。

ロボット教育用プラットフォーム

市内ロボット事業(H30)

2019promote23_5.jpg2019promote23_6.jpg





















将来のロボット人材の育成には、実際にロボットを作り自由に動かすことができる基盤ツールが不可欠である。この基盤ツールは今後必修となるプログラミング教育においてもプログラミング的思考力や課題解決力の育成に有効である。
このような基盤ツールとして役立つロボット教育用プラットフォームの開発を支援した。

産業用ロボット導入支援

産業用ロボット導入支援センターでは、市内企業の生産性向上・ものづくり力強化を目的にロボット導入を組合的に支援します。
●ロボット導入に関する企業訪問・技術相談
●人材育成(ロボット技術者およびシステムインテグレータ)
●ロボット導入に関する情報発信

H30年度の成果
●ロボット導入支援:11社を支援し6社に導入
●国プロ採択
・スマートものづくり応援隊事業
企業訪問・現場派遣:186件
生産性向上スクール:全15回 参加者合計68名
・地域中核企業創出・育成支援事業
システムインテグレータのネットワーク化
活動紹介のパンフレット作製

2019promote23_7.jpg 2019promote23_8.jpg