国家戦略特区ラインの取り組み

介護ロボット等を活用した先進的介護の実証・実装

平成28年に国家戦略特区「介護ロボット等による先進的介護の実証・実装」に指定された北九州市の委託を 受け、介護ロボットの導入による作業効率化と介護の質の向上、介護従事者の負担軽減、介護ロボットの等の市場拡大などの実現に取り組んでいます。

2018promote21_1.jpg

介護ロボット等導入・実証事業

介護従事者の負担軽減を目的とした介護ロボット等 の導入を進めるため、介護施設において、介護作業の 分析や介護ロボット等の導入、実証を行っています。

■介護作業の観察と分析

労働現場や労働災害に関する調査・分析に経験、実 績、知見のある学術機関等と共同で、介護施設におけ る介護職員等の作業を観察し分析を行いました。

■介護ロボットの導入と実証

作業観察・分析によって明らかになった課題を解決するための介護ロボット等を、介護施設と協議のうえで選定し実証を行いました。実証にあたって、導入教育や運用マニュアル作成を実施し、より効果的に運用できるように努めました。導入後に再度、作業観察・分析を行い、導入した介護ロボット等の効果検証を行いました。

2018promote21_2.jpg 2018promote21_3.jpg 2018promote21_4.jpg
作業観察風景 作業観察ツール 実証風景
■介護ロボット開発事業

介護現場のニーズに沿った実用的な技術開発と国家戦略特区事業効果の最大化に貢献す るため、「北九州市介護ロボット開発コンソーシアム」の運営を行い、介護従事者の負担軽減、 介護現場の効率化等に資するロボット関連技術の開発支援を行うとともに、北九州市特区事 業への参画企業(メーカー)が集積するための環境整備を図っています。

■北九州市介護ロボット開発コンソーシアム

介護ロボットの開発・改良プロジェクトを企画し、開発に協力可能な会員を募集しています。会員に対して、介護ロボット の開発・改良に関する作業分析データの提供や実証フィールドの提供、安全性検証・倫理審査にかかるサポート、開発費補 助や試作・改良等の支援を行っています。
 平成28年度、29年度に実施した作業分析の結果を踏まえ介護現場の意見を聞きながら、介護作業の効率化、介護従事者の負担軽減に役に立つ介護ロボット等の開発・改良を行っています。平成29年度は、3件の公募を行い開発・改良を支援しました。また、先進的介護の実現に向けた新たな排泄空間づくりの提案をしました。
●平成30年4月現在:会員数31企業 5大学 4機関