国家戦略特区ラインの取り組み

■介護ロボット等を活用した先進的介護の実証・実装

 平成28年に国家戦略特区「介護ロボット等による先進的介護の実証・実装」に指定された北九州市の委託を受け、介護ロボット等の導入による介護の質の向上や介護現場の生産性向上、介護従事者の負担軽減、介護ロボット等の市場拡大などの実現に取り組んでいます。

介護ロボット等を活用した先進的介護の実証・実装

介護ロボット等導入・実証事業

 介護従事者の負担軽減を目的とした介護ロボット等の導入を進めるため、介護施設において、介護作業の分析や介護ロボット等の導入、実証を行っています。

■介護作業の観察と分析

 労働現場や労働災害に関する調査・分析に経験、実 績、知見のある学術機関等と共同で、介護施設におけ る介護職員等の作業を観察・分析し、身体的負担や時間的負担等の課題を抽出しました。

2019promote25_1.jpg

■介護ロボットの導入と実証

 作業観察・分析によって明らかになった課題を解決するための介護ロボット等を、介護施設と協議のうえで選定そ実証を行いました。実証にあたって、導入教育や運用マニュアル作成を実施し、介護従事経験の多寡や年齢、性差によらず介護ロボット等の効果検証及び、導入教育や運用マニュアルの効果検証を行いました。

介護ロボットの導入と実証

介護ロボット等開発事業

 北九州市が推進する先進的介護の実現に向けた取り組みの一環として、介護現場のニーズも即し、また介護従事者の身体的・精神的・時間的負担の軽減の軽減に寄与し得る実用的な介護ロボットの開発・改良を支援しています。
また、開発・改良された介護ロボット等の実証がタイムリーかつ迅速も実施できるよう、自前で倫理審査委員会を運営しています。

2019promote21_5.jpg

■北九州市介護ロボット開発コンソーシアム

 現場ニーズに沿った実用的な技術開発と特区事業効果の最大化に貢献するため、介護従事者の負担軽減、介護現場の生産性向上等に資するロボット関連技術の開発に取り組む企業・団体を募集しています。会員への開発・改良支援として、介護現場における作業分析データの提供や実証フィールドの提供、安全性検証のサポート、倫理審査審のサポート、開発費補助等を行っています。また、介護現場と会員との意見交換会を開催するなどニーズとシーズのマッチングにも取り組んでいます。
 平成30年度は補助金制度を新設し、「介護記録の活用と効率化を目的とした電子化システムの開発」、「ベッド上アシストツール(体位変換等支援機器)の改良」の2件に対して開発補助を行いました。
●平成31年4月現在:会員数 35企業 5大学 4機関