半導体設計開発企業等の方がLSIの開発ができるように、各種評価機器を取り揃えた評価環境を提供します。

評価研修室について

情報技術高度化センター(3号館・3F)で貸出しているブースのご案内です。計測機器は、業界で広く普及している標準的なものから先端のものを準備しています。高度なLSI開発が可能です。

詳細は評価研修室機材リスト(評価研修室機材一覧表20170322)をご覧下さい。

ブース数 4ブース
ブース面積 102.35㎡
収容人数 -
ご利用時間 9:00~22:00(土日祝日のご利用可)
ご利用料金 2,100円/1時間(ただし終日ご利用の場合は21,300円)
オプション ・モバイルアクセス評価機器の利用可
・テーブル間用稼動パーティション
・半田ごて、各種工具、コネクタ、半導体部品を取り揃えております。
留意事項 ・モバイルアクセスに必要な設備は各企業でご用意ください。
・上記記載外の消耗品に関しましては各自ご持参ください。
・評価研修室の機材は、原則持ち出し禁止です。
・電子部品をご使用の際は、「使用記録簿」にご記入ください。
 評価研修室内でのみ使用可
です。
備考 【減免について】
・大学等の教育研究機関が教育・研究目的で使用する場合
※上記ご利用の場合はこちらまでお問い合わせください。

※当設備にご興味があり、ご利用を検討されている方は事前にものづくり革新センターへご連絡いただけると幸いです。
実際に設備をお使いになる場合は、担当より別途申請方法等についてご連絡致します。

設備のご利用について

設備をご利用いただく際には事前の予約が必要です。当ホームページの『設備予約システム』よりご予約いただけます。画面上部の「設備予約会員ログイン」バナーよりお進みください。

新規会員登録をご希望の方は事前にものづくり革新センターへご連絡ください。

ご利用条件

ものづくり革新センターは、ベンチャー・中小企業等や大学研究者による半導体やエレクトロニクスアプリケーション等の研究開発のために、北九州学術研究都市の情報技術高度化センター内に研究設備を有し、設備利用サービスを行っております。ものづくり革新センターの提供する研究設備をご利用になる方は必ず下記をご留意ください。

研究設備の用途について

研究設備の用途は下記のとおりです。

  • プロトタイプ制作までの研究開発及び社内教育のために用いること。
  • 研究開発には、製品開発は含まれない。

ご利用にあたって

  • 法律の規定により成立した法人であること。
  • 設備は原則、設置場所以外では使用しないこと。

お支払いについて

銀行振込にて後納とさせていただきます。その際に「学術研究施設使用料後納願.xls」の提出が必要となります。
※学研都市入居企業様、財団の特別研究員の資格をお持ちの方は不要です。

お問い合わせ

詳細はものづくり革新センターまでお問い合わせください。

その他の評価分析器のお知らせ

京都電子工業㈱様のご好意で、熱伝導率計、屈折率計、密度比重計、粘度計、アルコール濃度測定装置がご利用いただけます。詳しくは、こちらをご覧ください。