「介護ロボット普及に向けた重点施策・普及活動と機器の事例紹介」

169回サロンチラシ表.jpg


 北九州市では介護ロボット等を活用した先進的介護を掲げて、北九州市介護ロボット開発コンソーシアムを発足させ、その実現に取り組んでいます。(公財)北九州産業学術推進機構はその事務局として、介護現場の作業観察及び分析、介護ロボット等を施設に導入した実証を進めてきました。こうした活動も既に2年が経過して、具体的な社会実装実現に向けて加速する時期を迎えています。
 そこで、今回のサロンでは、介護ロボット等利用に向けた国の重点施策や普及活動について紹介していただき、次に、実証で効果を確認することができた介護現場を変える新しい機器を紹介していただきます。

【講演会】
日 時:2018年8月24日(金) 15:00~16:50
場 所:北九州学術研究都市 産学連携センター2階 研修室

内 容:主催者挨拶15:00~15:10
    (公財)北九州産業学術推進機構 国家戦略特区ライン
     介護ロボット技術グループ長 善甫 英治 氏

    講演1(15:10~15:50)
    「介護ロボットの開発と普及の好循環の創出に向けて」
    厚生労働省 老健局介護ロボット開発・普及推進室 室長補佐 田口 勲 氏

    講演2(15:50~16:20)
    「予測型見守りシステム「ネオスケア」で介護現場を変える」
    ノーリツプレシジョン株式会社 事業推進部 ヘルスケア課
    シニアスーパーバイザー 中嶋 伸生 氏

    講演3(16:20~16:50)
    「コミュニケーションロボットPALRO(パルロ)のご紹介」 タイトル変更⇒
    「高齢者福祉施設で活躍するコミュニケーションロボットPALRO(パルロ)」
    富士ソフト株式会社プロダクト事業本部 PALRO事業部
    フィールドセールス室 リーダー 二宮 恒樹 氏


【交流会】 17:00~18:30
    参加費:(一般)1,000円、(学生)500円 ※ひびきの会会員は無料。
    会場:産学連携センター 1階展示ルーム



<お申込みはこちら>
第169回産学交流サロン「ひびきのサロン」申込フォームより
https://www.ksrp.or.jp/fais/iac/project/salon/index.php?form=182
または、第169回産学交流サロンチラシ「参加申込用紙」に必要事項をご記入の上、FAXしてください。
詳細、FAX申込用紙はこちら ⇒ 169回サロンチラシ.pdf
※定員80名(先着順)定員になり次第、お申込みを締め切らせていただきます。

【お問い合わせ】
(公財)北九州産業学術推進機構 産学連携統括センター
産学連携部 産学連携課 外山・近江・内田
TEL:093-695-3006 FAX:093-695-3439