サプライヤー応援隊事業
「専門技術者育成カリキュラム」

193回サロンチラシ_ページ_1.jpg

 

 自動車産業は、100年に一度といわれる大変革期を迎えており、CASEと呼ばれる変化に対応するため、生き残りをかけた取組みが加速化されています。このような中、(公財)北九州産業学術推進機構(FAIS)は、経済産業省の補助事業の採択を受け、地域のものづくり力の向上、生産性向上、CASEに対応するための新たな技術・生産への取組みを支援しております。
 今回、専門技術者育成カリキュラムとして、急速に拡大するデジタル技術の高度化・多様化に伴い、今後普及が予測される大幅な開発効率化のために必要な「モデルベース開発(MBD)について」、また、電動化に関して、最新の自動車部品モジュールに搭載された部品の技術動向・構成について「日産e-Powerシステムと部品構成」を学ぶことで、CASEに対応する技術力を高めて、北部九州の自動車産業の底上げを図ることを目指しています。

日 時:2021年11月25日(木)【講演会・勉強会】10:00~12:00
場 所:【講演会・勉強会】北九州学術研究都市 技術開発交流センター 中会議室、クルマの未来館ひびきの
定 員:50名(先着順)

内 容:
    
主催者挨拶(10:00~10:05)
    自動車エレクトロニクスグループ グループ長 西澤 誌朗

    講演会(10:05~11:05)
    「日産EV/e-POWER システムと部品構成」
    日産自動車( 株) パワートレイン・EV 性能開発部 PT・EV システム設計グループ 主担 伊藤 知広 氏

    勉強会(11:10~12:00)
    「構成部品の紹介」
    日産自動車( 株) パワートレイン・EV 性能開発部 PT・EV システム設計グループ 主担 伊藤 知広 氏


<お申込みはこちら>
第193回産学交流サロン「ひびきのサロン」申込フォームより
⇒ https://www.ksrp.or.jp/fais/iac/project/salon/index.php?form=218

または、第193回産学交流サロンチラシ「参加申込用紙」に必要事項をご記入の上、FAXしてください。
詳細、FAX申込用紙はこちら ⇒ 193回サロンチラシ.pdf

※定員になり次第、お申込みを締め切らせていただきます。

【お問い合わせ】
(公財)北九州産業学術推進機構 産学連携統括センター
産学連携部 産学連携課 永野・外山
TEL:093-695-3006 FAX:093-695-3439