IoT、インダストリー4.0、3D技術など、激変するモノづくり技術に対応した「革新的ものづくり」の実現により、市内企業の生産性向上を支援します。

「ものづくり援補助金」申請支援

生産性向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための中小企業・小規模事業者の設備投資等の一部を支援する「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」の申請に支援します。

≫ものづくり補助金採択結果

ものづくりIoT構築支援

インダストリー4.0で求められている、IoTシステム活用によるものづくり現場の変革を達成するには、各企業のニーズに合致したシステム構築・運用の仕組み作りが急がれています。そのため、地元企業に対して、IoTシステムを活用した生産性向上を支援するとともに、当該システムを活用した新規ビジネスの企画・提案などを支援します。

≫もっと詳しく

3Dものづくり技術研究会(平成26年度~)

ものづくり現場において、革新的なプロセス改革を実現した3D技術は、自動車産業やプラント事業など、日本の主要な産業を支える必須の技術となっています。地元企業が将来的にもさらに持続的に成長・発展させていくために必須の3Dものづくり技術の導入・活用を地域一体として進めていくため、地元企業が協同して3Dものづくり技術の研究を行う場として、「3Dものづくり技術研究会」を設立しました。

半導体・エレクトロニクス関連試作開発支援

半導体設計ツールやIC・MEMS微細加工装置、評価・解析機器を整備し、大学、企業、研究機関に対して、設計から製造、評価・解析までの一貫した設備環境を提供し、北九州市における半導体産業の振興に努めています。

≫もっと詳しく