学研都市について
ホーム  > 学研都市について  > 北九州学術研究都市整備事業

北九州学術研究都市整備事業

整備の基本方針

北九州学術研究都市の開発は、周辺の自然環境や都市環境を活かしながら、先端科学技術に関する教育・研究機関の集積と良好な住宅街の供給を同時に行う『複合的な街づくり』として進めています。

開発地域

若松区西部・八幡西区北西部

開発総面積

約335ha

計画人口

12,000人(昼間人口)、住宅4,000戸

整備スケジュール

  • 第1期事業(約121ha)
    ・平成7年度~17年度 ※事業完了
    ・事業主体:(独)都市再生機構
  • 第2期事業(約136ha)
    ・平成14年度~29年度
    ・事業主体: 北九州市
  • 第3期事業(約68ha)
    ・検討中
  • 河川事業(約10ha)

土地利用概略図
北九州学術研究都市の昼間人口

公益財団法人北九州産業学術推進機構(FAIS)
〒808-0135北九州市若松区ひびきの2-1
TEL:(093)695-3111

Copyright © 2012 Kitakyushu Foundation for the Advancement of Industry, Science and Technology, All Rights Reserved.