<1月14日更新>
 現在、日本国内において新型コロナウイルスの感染者が増加中、今後の感染拡大を防止するため、本イベントをオンラインでのみの開催とさせていただくこととなりました。会場での参加を楽しみにしてくださった皆様には、急なご案内となりご迷惑をおかけしますが、ぜひオンラインにてご参加ください。

ナノテク加工技術 × 医療・ヘルスケア応用セミナー
ナノテク技術の医療・ヘルスケアへの応用展開

195thサロンチラシ_ページ_1.jpg

 ナノテク(微細)加工技術により作製されるMEMS(Micro Electro Mechanical Systems)、マイクロ流路デバイス等は、私たちの生活の中で直接的、間接的に、幅広く、かつ多く利用されています。MEMSは、身近なところではスマートフォンや自動車で使われ、また、家電・器具を最適にして私たちの暮らしを快適にしています。マイクロ流路デバイスは、DNA 検査、PCR 検査、各種生体分析等の医療用途のみならず、化学分野、バイオ分野や環境分野等への非常に幅広い展開も期待されています。

 本セミナーでは、MEMS分野でご活躍されている九州大学大学院助教の野上先生をお迎えし、MEMS技術の医工学・農工学への応用展開(血流センサ・脈波センサ)についてご講演をいただくとともに、マイクロ流路デバイス分野でご活躍されている呉工業高等専門学校准教授の江口先生をお迎えし、誘電特性測定用デバイス(エレクトロローテーションマイクロウェルアレイ)の医工学分野への応用展開(循環腫瘍細胞検出)についてご講演をいただきます。FAISは、ナノテク加工施設の提供や、産学連携、助成、事業化などの支援をとおして、研究開発を振興し、地域の生産性向上などに資するイノベーション創出を推進します。


日  時:
2022年1月19日(水)15:00~17:00
定  員:オンライン(Zoom使用)】50名

内 容:
 開会挨拶(15:00-15:05)

 講演1(15:05-15:55)「超小型変位センサから生まれた医工学・農工学分野へ展開可能な生体情報MEMSセンサ」
 九州大学大学院 工学研究院 機械工学部門 助教 野上 大史 氏

 講演2(15:55-16:45)「医療応用を目的とした誘電泳動デバイスの開発」
 呉工業高等専門学校 電気情報工学科 准教授 江口 正徳 氏

 報告(16:45-16:55)「FAISナノテクノロジープラットフォーム事業の10年」
 (公財)北九州産業学術推進機構 イノベーションセンター 産学連携担当部長 五十嵐 政俊

 連絡事項(16:55-17:00)

<お申込みはこちら>
第195回産学交流サロン「ひびきのサロン」申込フォームより
オンライン参加の方】はこちら⇒ https://www.ksrp.or.jp/fais/iac/project/salon/index.php?form=224

第195回産学交流サロンチラシ⇒195thサロンチラシ.pdf

【お問い合わせ】
(公財)北九州産業学術推進機構 イノベーションセンター
産学連携部 永野・外山
TEL:093-695-3006 FAX:093-695-3018