企業・大学等が実施する研究開発に対する支援

大学等の研究機関、市内企業が実施する研究開発や製品化のために助成金を交付し、新技術・新商品の開発を支援しています。

FAISの研究開発に対する支援制度(令和2年度)

○新成長戦略推進研究開発事業  
名称概要対象者補助額(補助率)助成期間
シーズ創出・実用性検証事業 北九州市新成長戦略に定める成長分野に関し、実用化を目指すシーズを見出し、その可能性を検証するための研究開発に対して補助金を交付 市内大学等
(1)若手・チャレンジ枠 (2)一般枠

100万円(1/1)

※生産性向上に資するロボット等に関するものは300万円以内

単年度
実用化研究開発事業 北九州市新成長戦略に定める成長分野において、技術の高度化・製品の実用化並びに新産業の創出を目指す研究開発に対して補助金を交付 市内企業等

中小企業 300万円(2/3)
その他 300万円(1/2)

※生産性向上に資するロボット等に関するものは500万円以内

単年度

令和2年度採択実績

【シーズ創出・実用性検証事業】17件
採択テーマ名申請企業・大学








《ロボ》超音波硬さ計測装置および可変剛性機構を用いた柔軟物把持に関する研究

九州工業大学
《ロボ》柔軟不定形物の形状変化情報を高速に抽出するための産業用ロボットの知能視覚装置ろその応用 九州工業大学
ニッケル・アルミニウム粒子接合材を用いたパワエレデバイス向け高耐熱性実装技術の開発及び実用性評価 早稲田大学
樹径・樹高・樹種の推定、自律伐倒を行う林業機械の研究開発 九州工業大学
インバータの高信頼化に資する低コスト電流センサレス・リアルタイム寿命診断システムの開発 九州工業大学


《ロボ》カーボンナノチューブによる偶発的回路構造を利用した触覚センシング 九州工業大学
《ロボ》産業用ロボットの「教示レス」を実現するための技術開発 九州工業大学
《ロボ》人間行動の予測技術を用いた協調ロボットの危険回避 九州工業大学
《ロボ》食材などの不定形ワークの物体認識・把持点推定ネットワークのための学習データ半自動生成法 北九州市立大学
有機-無機ハイブリット膜を用いた新規な水処理用膜分離システムの創製 北九州市立大学
電気自動車を始めとする次世代電動輸送システム用パワー半導体の冷却性能向上を目指した水冷フィンの最適化 北九州市立大学
水素貯蔵への応用を目指した新規有機一無機ハイブリッド型規則性多孔体の開発 北九州市立大学
高強度高導電性を有する難燃性マグネシウム合金の開発 九州工業大学
現場の熟練知を規範化し多品種少量生産を実現するFAロボットのための知識工学データベース基盤技術の開発 九州工業大学
乾燥しないマイクロ液滴中の単一微生物を調査するロボット顕微鏡システムの開発 九州工業大学
構造物から微小部品まで適用可能な、単一赤外線カメラによる非接触熱応力解析技術 九州工業大学
次世代自動車および再生可能エネルギー用高耐圧パワーデバイスユニバーサル構造の開発
※採択後、事業中止(研究代表者が退職したため)
九州工業大学

※《ロボ》:生産性向上に資するロボットや関連装置等に関するもの


【実用化研究開発事業】3件
採択テーマ名申請企業等
配管設備のスクリーニングにおける効率的な調査方法と評価法の開発 新日本非破壊検査(株)
大容量薬剤コーティング型マイクロニードルの医療用途としての優位性の検証と実用化可能なアプリケータの開発と性能把握 三島光産(株)
建設産業「Al+AR」ダイバーシティマネジメントツール (有)ゼムケンサービス

※法人名は採択時の名称

【継続】:平成30年度採択の2年目の事業 ※法人名は採択時の名称
 ・平成30年度(PDF)
 ・平成29年度(PDF)
 ・平成28年度(PDF)

FAIS助成制度の主な成果事例(令和元年度採択テーマより)

【研究テーマ】 一般臨床歯科医向けAIを活用したクラウド型口腔粘膜疾患診断支援システムの開発

【申請企業】株式会社ブラテック

 口腔粘膜疾患には口内炎から口腔がんまで様々な疾患がありますが、一般臨床歯科医ではこれらの疾患の緊急度を診断するのが難しいため、専門医の診断に頼らざるを得ないのが現状です。
 本研究は、口腔粘膜疾患に対する知識の少ない一般臨床歯科医でも簡便に日常歯科診療の現場で活用できる業界初のクラウド型口腔粘膜疾患診断支援システムを開発し、専門医頼りの現状を打開するものです。


2020promote17_1.gif

国等の資金を活用した研究開発プロジェクトの推進

 「戦略的基盤技術高度化支援事業(経済産業省)」や「地域イノベーション・エコシステム形成プログラム(文部科学省)」等、国等の資金を活用した産学連携の研究開発プロジェクトを積極的に実施しています。
 令和2年度は、各大学における受託研究等と合わせて361件のプロジェクトに取り組みました。

外部資金の積極的な獲得

北九州学術研究都市における外部資金の受入状況の推移(大学およびFAISの合計)

2021promote17_2.png

近年の主な研究開発プロジェクト
経済産業省
次世代太陽光発電向け円筒型太陽電池システムの研究開発
【戦略的基技術高度化支援事業】
R1年度~R3年度
1億2,310万円
三次元技術を用いた地域社会への貢献を目的とした高度測量技術に関する研究開発
【戦動的基盤技術度化支援事業】
R1年度~R3年度
1億2,596万円
5G対応高周派用材料(ガラス・セミラック・テフロン等)への分子接合とメッキ技術を融合した高周波対応次世代メッキ技術の開発
【戦動的基盤技術度化支援事業】
R1年度~R2年度
1億154万円
内閣府
ハイブリッド自動車向けSiC耐熱モジュール実装技術の研究開発
【戦的イノベーション創造プログラム(SIP)】
26年度~30年度
8億4,000万円
JST
スマート社会創造に向けたソーシャルイノベーション研究開発・実証拠点
【世界に誇る地域発究開発・実証拠点(リサーチコンプレックス)推進プログラム】
27年度~28年度
3億3,500万円
文部科学省
IoTによるアクティブシニア活躍都市基盤開発事業
【地域イノベーション・エコシステム形成プログラム】
28年度~R2年度
2,150万円
微細加工プラットフォーム
【ナノテクノロジープラットフォーム事業】
24年度~R3年度
1億円

FAISが支援した研究開発プロジェクトの主な事例

【事業名】5G対応高周波用材料(ガラス・セラミック・テフロン等)への分子接合とメッキ技術を融合した高周波対応次世代メッキ技術の開発
【実施企業】(株)豊光社(北九州市小倉北区)、(公財)福岡県産業・科学技術振興財団、(株)いおう化学研究所、(株)オリエントマイクロウェーブ
【研究期間】令和元年7月29日~令和3年3月31日
【事業費】2年間で約1億円(内2/3の約67百万円が補助金として助成される)
【狙い】
5G対応高周波部品向けに表面を粗化せず平坦な面にダイレクトにメッキできる技術の開発
【技術】
分子接合技術とメッキ技術の融合による高い密着強度と平坦な面への次世代メッキ技術
【成果】
難めっき基材へのダイレクトめっきを実現し令和3年度より事業化を推進
【課題】
無機材料の分子接合メカニズムの解明
【体制】
(株)豊光社(プロジェクトリーダー)、(公財)福岡県産業・科学技術振興財団(サブリーダー)、(株)いおう化学研究所・(株)オリエントマイクロウェーブ(研究実施機関)、九州大学・北九州市立大学・日本ガイシ(株)・(株)マツシマメジャテック(アドバイザー)、FAIS(事業管理機関)

2021promote19_2.png

ロボット・IoT・AI等を活用した生産性向上支援事業
~(旧)スマートものづくり応援隊事業~

2021promote19_6.png

1.生産性向上スクールの開催

製造現場の管理者・現場リーダーなどを対象に、生産性向上や新事業開拓に必要なロボット•loT·AIといった新技術を身に付けるための研修を実施

【実施時期】 令和2年10月~令和3年1月(全11講座)
【内容】   生産性向上のための基礎編、IoT編、ロボット編など
【受講者数】 延べ392名

2.中小企業への専門家派遣

ロボット•Al·loT等といった新技術の導入実績を持つ専門家を派遣し、課顆解決に向けたアドバイスを実施
派遣回数:計67回

スクールのカリキュラム(令和2年度)

2021promote18_3.png 2021promote18_4.png