自動車技術拠点化の推進

 北九州地域における次世代自動車技術の拠点化を目指し、北九州学術研究都市における高度人材の育成を支援するとともに、産学連携による先端的研究開発を支援しています。

人材育成の推進

(1)連携大学院

自動車とロボットの分野で次世代を担うリーダーとしての高度専門人材の育成を目的に、学研都市の3大学が運営する連携大学院の教育プログラムを支援します。 同大学院では、人工知能(AI)の研究開発を担う人材育成が急務であることを踏まえ、平成29年度から「インテリジェントカー・ロボティクスコース」の科目を見直し、新たに「AIサブコース」を設置するとともに、更なる教育内容の充実を進めます。

連携大学院

(2)社会人のIoT・AIの教育プログラム(enPiT-everi)

代表校である北九州市立大学を含む5大学が2019年4月から社会人向けリカレント教育プログラムを開講します。生産性向上や新事業展開に不可欠な、IoTに関連する新しい技術を体系的に修得できます。「スマートファクトリー」「インテリジェントカー」「スマートライフケア」「スマート農林畜産」「おもてなしIoT」など5つのコースを準備しています。 FAISは、地域産業の競争力強化を図る人工知能とロボット技術を駆使したIoT技術の社会実装を推進する実践的人材育成コースの開発・実施をサポートします。

社会人のIoT・AIの教育プログラム

プログラム提供校
代表校:北九州市立大学
連携校:九州工業大学、熊本大学、宮崎大学、広島市立大学

スケジュール
平成30年度:一部の授業、実習開始
令和元年度:本格開始

研究開発の推進

学研都市の研究シーズを活かした産学連携による研究開発をコーディネートし、次世代自動車技術やAIの社会実装に向けた研究開発機能の拠点化を目指します。

(1)次世代自動車技術に関する研究開発支援
産業界からのニーズが強く、実効性の高い研究テーマについて、国のプロジェクトを活用した研究開発を支援しています。
【現在の研究テーマ】
   ①自動車向けSiC耐熱モジュール実装技術の研究開発
   ②理論知識型AIとデータ駆動型AI統合による自動運転用危険予測装置の構築と公道実証

現在の研究テーマ

(2) AIの社会実装に向けた研究開発
企業ニーズと学研都市研究者の技術シーズのコーディネートを行い、AIを活用した電力需要の予測システムの確立・自動化や、難病の治療をサポートするシステムの実現など様々なテーマについて研究開発を進めています。また、人との親和性の高いシステム構築に貢献する基盤技術(スパースモデリング)や、実時間処理や低電力消費を実現するAI向けのハードウェアの研究開発を支援します。

AIの社会実装に向けた研究開発